学生バンドマンは就活に苦労するから気をつけて欲しいという話

ビジネス

みなさんこんにちは!学生時代はゴリゴリにバンドしかしていなかったもちんです!

今日はそんなバンド活動に明け暮れていたあの頃を思い出して、こんな記事を書いてみることにしました。

バンドって音楽好きからすると最高に楽しいんですよねー。好きなバンドのコピーをするも良し、一念発起してオリジナル曲を作るも良し。

とにかく仲間と一緒に何か一つのことを作っていくのって楽しいものなんですよね。

しかし巷で言われていることは、「バンド活動や軽音サークルのことは就活では話さない方が良い」ということ、、、

まあ実際はそんなこともないんだろうと思いますが、少なくともそういうイメージがあるってことは事実なのでしょう。

ちなみに僕の大学の軽音サークルの人たちは就活に苦労していたような気がします。気のせいなのか、どうなのか、、

ということでもし学生バンドマンで就活に不安がある方は、同じ道を辿ってきて且つ社会人の立場になった今だからこそ言えることをアドバイスしていけたらと思います!

僕が辿ってきた道

今は都内の中小企業でひっそりと働いております。

そんな僕は大学は日東駒専レベルで、まあ良くも悪くもない平均値くらいですかね。学歴フィルターで弾かれるかもしれないし、ちょうどボーダーくらいには入るかもしれないしといったところでしょうか。

少なくとも学歴が採用担当者の目を引かせるような武器にはならないため、書類選考でのアドバンテージはほぼゼロだったでしょうね、、(涙目)

さらに極めつきは「文学部」出身ということ、この学部選択については今でも悔やまれますね。高校時代の俺もっとちゃんと考えろって思いましたね。

ちなみに今だったら情報学部とか経営学部、マーケティング学部を狙うかなぁ。

そんな僕は学生時代に力を入れていたことって聞かれたら、正直に答えればバンド活動でした。

僕の場合はサークルに入っていた訳ではなく、外の友達とバンドを組んでオリジナル曲を作って活動していたんですよね。曲とか詞とか作っていたし、朝方までDTMソフト使ってレコーディングもしていた。

あの時に音楽に情熱を注いでいた経験は、何というか甘酸っぱい思い出として今でも残っているんですけどね。

ただ就活となると話は別だったんです(笑)

ビジネスとバンド活動は本当に結びつけづらいと思いました。ずっとバンドばかりに力を入れてきた僕はそんなこんなで就活時にとても苦しみました(笑)

学生バンドマンが就活時に困ったこと

学生バンドマンが就活の時に困ってしまったこと。

それは「学生時代に力を入れたこと」に答えられないことでした。

就活における定番質問に対する答えとして「バンド活動」という武器が使えなかったのです。正直な話、自分が学生時代に一番力を入れていたことであり膨大な時間をかけていたことを面接の時に話せないのは結構苦しかったですし、歯がゆかったです。

ではなぜ面接の際にバンド活動の話が出来なかったのか。

バンド活動って他人からすると、あくまでもカテゴリとしては「趣味」「遊び」と同等なのだと思います。

よくガクチカ としてあるのが「留学経験」だったり「インターン経験」だったり、それらと比べちゃうと、まず言葉の響きの時点で何だか負けちゃってる気がします(笑)

面接官が同じバンド活動をしていた経験があればもしかしたら食いつかれるかもしれませんが、、

しかしそれはあくまでも同じ趣味をもつ上での好奇心でしかなく社会人としてのポテンシャルという点での評価には繋がりにくいと思います。

先にも書きましたがバンド活動はビジネスに結びつけることが難しいのです。

例えば「バンド活動に力を入れていました。ライブ本番までに曲を覚える必要があり、その練習をする中で粘り強さが発揮されました。」などと言ってもおそらく反応は「???」となるでしょう。

バンド活動というのは、ビジネスマンには共感されにくい分野なのです。

バンド活動をするうえで何かしら確かな実績を残した、もしくはその実績を残すために何かしらの行動をしていた方でしたら話は別かもしれませんが、、少なくとも僕のバンド活動においてはそのような実績を作ることは出来なかったです。

そうして困った僕は「ゼミ」「バイト」を武器にしようと考えました。

ゼミは強制的に入らなければならなかったですし、バイトもファミレスのバイトを行っておりました。

、、、、、弱いですね(笑)

ゼミに関しては「文学部」のゼミだったんです。勘違いして欲しくないのが文学部生でも就活でうまく行く人はたくさんいます。

しかし僕のように何も考えずにただゼミに参加していた人間からすると、文学部で専攻する内容は受動的に学んだことのみでは就活には生きにくかったのです。

結果「バイトを4年間続けてきた」で通すことにしましたが、こちらもただのファミレスのバイトでしかなかったので、正直話としてはめちゃくちゃ弱かったなぁと思います。

バンド活動を就活に生かしたいならやっておきたいこと

散々言ってきましたが、僕はそれでもバンド活動を就活においてうまくアピールする術は全然あると思っています。

バンド活動をする中で少し行動や考え方を変えるだけですごく魅力的な話ができるようになるんじゃないかなってことを、社会人の立場から見てお話していきます!

自主企画をしてみる

まずバンド活動を就活に生かしたいのであればイベントを自分たちが立ち上げてみることをおすすめします。

だいたい学生バンドがライブをする時ってサークルのイベントだとか学園祭だとか、ライブハウスのブッキングライブだとかじゃないかなと思います。

そうではなくて、自分たちが知り合いのバンドに声をかけて自主イベントを企画してみてはいかがでしょうか。

自主企画は結構ハードルが高いと思います。出演バンドのブッキングはもちろん自分たちが行う必要がありますし、ライブハウス側とのやりとりも必要になってきます。

そういった点で対外的な調整能力が必要になるため、これは社会人においても通じる能力になります。つまり就活でも話しやすいのではないかと思います。

集客に力を入れる

これは自主企画をしてみる、という所からも繋がってくるのですが自分たちであれこれと知恵を絞り出してそのイベントの集客に力を入れることは評価に繋がります。

例えばSNSを利用してイベント情報を拡散してそこから集客を試みたり、自分たちの楽曲や演奏のサンプルを作成してそれをフックにして集客をしたり、、

集客を行うということ、そのために自分が取れる手段を取るということは「利益を出すための行動」に通じるからです。

正直口で言うよりもかなり難しいことだとは思いますが、ここまでの行動力があれば十分に就活でもアピールできる話になると思います。

要は仲間うちだけで盛り上がるバンド活動ではなくて、その周囲を巻き込んだ何かが出来ればきっと良いエピソードになるはずです。

サークルに所属して、自分の立ち位置を確立する

最後に考えるのが、サークルに所属してかつその中での自分の立ち位置や立ち回りを確立させることです。これに関してはバンド活動に限らず言えることなのですが、、。

つまりナーナーで活動するのではなく、組織の中において自分が出来ることや自分の強みを発揮出来ることを見つけるということです。

何もサークルのリーダーになろうという話ではなく、他の役職でも良いし何なら役職がなくても良いです。

その組織に属する中で自分が出来る働きを行っていたか、なぜそれを行おうと思ったのか、その経験を経てどんなことが得られたのか。

といったことが面接官の知りたい内容になります。決して肩書きを知りたいわけではないのです。

そこから人間性を見て自社にマッチする人材なのかどうかを面接官は見ます。

ですのでこういったマインドを持ってサークル活動に専念することは重要なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか!

バンド活動や軽音サークルは就活には有利に働かない、なんてことも言われたりするでしょうが、少し考え方を変えるだけでもだいぶ違ってくるんじゃないかなって僕は思います!(当時の僕はそんなこと一切考えていなかったですが、、、)

これから就活を迎える学生バンドマンのみなさんが少しでも参考にしてくれたら嬉しいなと思います!

それではまた!

タイトルとURLをコピーしました